???, 8? 17, 2022
スポット画像

最新記事

ドジャース、32年ぶりのタイトル獲得

ドジャース、32年ぶりの優勝。

 

LAドジャースが32年ぶりの優勝を果たした。過去3年間で2度の決勝敗退を経験していたが、火曜日に行われたワールドシリーズ第6戦で、タンパベイ・レイズに3-1で勝利し、タイトル獲得を決めた。

“First off, we should congratulate them on an incredible season and a highly competitive series,” said owner and chairman of the Dodgers, Mark Walter. ?This win is for our fans. Thank you Los Angeles, thank you to the Dodgers fans everywhere. It has been 32 long years since we were last celebrated as Masters. This trophy is for the biggest fans in Major League Baseball.”

しかし、最後の一歩は厳しいものだった。タンパベイは、序盤で逆転の素質を見せつけた。ランディ・アロザレーナがプレーオフ10本目の本塁打で新人記録を伸ばし、こうしてレイズは序盤にリードを奪ったのだ。しかし、7回、ドジャースは数分で試合をひっくり返した。

At the press conference, Rays manager Kevin Cash’s disappointment gave way to pride: ?It was a tough season with many adverse circumstances. It’s an honor to have been part of this team. I would also like to congratulate the Dodgers on the championship. ”

ドジャースの3塁手ジャスティン・ターナーは、以前にコロナウイルスの陽性反応が出たため、8回に代打で出場した。試合中に、ドジャースに知らせるべきだったと、リーグのボス、ロブ・マンフレッドは確認した。

Turner wrote on Twitter: ?I feel great, have no symptoms at all. I’ve just lived through every emotion you can think of. I can’t believe I can’t be out there to party with my boys! But I’m so proud of this team. “

最新記事

お見逃しなく

Japanese