土曜日, 6月 25, 2022
スポット画像

最新記事

シュワルツマン:"決勝でプレーするのが夢"

ATPファイナルズに新たにデビューしたディエゴ・シュワルツマンは、メディアとのインタビューで、今週日曜日から始まるこの大会の「決勝でプレーする」ことを夢見ると断言しました。

アルゼンチン人プレーヤーは、自身初のATPファイナルズへの出場権を獲得し、ラファエル・ナダル、ノバク・ジョコビッチ、ステファノス・チチパス、ダニール・メドベージェフ、ドミニク・ティーム、アンドレイ・ルブレフ、アレクサンダー・ズベレフらと戦うことになるのですが、最終選考会に残ったのは、このアルゼンチン人プレーヤーでした。

"夢 "としては、決勝戦に出場することが夢です。この後、グループリーグを見ることになりますが、初戦で勝つことが重要だと思います。スコアの関係で、その試合に勝てば準決勝に進める可能性がありますし、それが私の最初の目標です」とシュワルツマンは話しています。

ブエノスアイレス出身の彼は、ダビド・ナルバンディアン、フアン・マルティン・デル・ポトロ、ギジェルモ・ビラスといった著名な選手たちに続き、ロンドンで開催されるこの大会に参加する8人目のアルゼンチン人テニスプレーヤーとなりました。

また、フアン・イグナシオ・チェラ監督の弟子である彼は、グループリーグの抽選が行われる今週木曜日に、お気に入りのライバルを選びました。

「もし私が選ぶとしたら、私に最も似ている人たち、レンガの粉が最も好きな人たちを選ぶでしょう。ジョコビッチの前にナダル、そしてドミニクとツィツィパスを選びますが、サーフェスに悩まされることはないでしょう。現実には、どのサーフェスでも彼らはより良いプレーをしますが、彼らとなら、サーブであなたを殺すメドベージェフやズベレフを相手にするよりも、もっとプレーできるとわかっています」と彼は言いました。

シュワルツマンは、すでにロンドンでATPファイナルズに備えています。彼のデビューは、ドローにもよりますが、今週の日曜日か月曜日になるでしょう。

最新記事

Don't miss

Japanese